2012/08/29 阪神大震災:8年後に「PTSD」 震災障害者の調査報告、兵庫県など公表 (毎日新聞)

 兵庫県と神戸市は28日、阪神大震災(95年)で後遺症を負った震災障害者を対象にした面接調査の報告書を公表した。震災8年後にPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症したケースや、今もリハビリを続ける被災者もおり、震災から十数年が経過しても、心身に負った傷が癒えない実態が明らかになった。

 県や市によると、震災によるけがで身障者手帳を取得したのは328人(うち117人は死亡)。面接に同意した27人について関西学院大の池埜(いけの)聡教授ら5人が昨年2~3月、当時の状況や震災後の生活などを聞き取り、14人分を公表した。

 兵庫県西宮市の自宅アパートが全壊し、息子を亡くした女性(調査時61歳)は、左足が長時間圧迫された後遺症で、長時間歩けない。03年ごろから震災当時の光景がフラッシュバックしてパニックになるPTSDの症状も表れた。女性は「体の障害は努力で何とかやっているが、心の障害は自分で治すことができない」と告白した。

毎日新聞 2012年08月29日 大阪朝刊


※旧ブログより転載(2014/04/29)

2012/08/28 阪神淡路大震災 震災障害者のその後

兵庫県と神戸市が、阪神大震災での震災障害者の調査結果を公表しました。
県と市は、この調査を持って終了とせず、今も後遺症に苦しむ阪神大震災の当事者や東日本大震災の震災障害者たちのために仔細に調査を続け教訓を生かして欲しいと思います。

調査結果閲覧はこちら→震災障害者・震災遺児実態調査報告書(兵庫県ホームページ)

≪「震災障害者」らの証言まとめる 兵庫県と神戸市 ≫

兵庫県と神戸市は28日、阪神・淡路大震災で負傷し、障害が残った「震災障害者」と親を失った遺児について、初の実態調査でインタビューした計31人の証言を「記録集」にまとめた。震災直後の状況や苦労、心情の変化など支援から取り残されてきた声を約300ページに集約。教訓として東日本大震災の被災地にも送る。

県と神戸市は2010年~11年に、障害者手帳の申請書類などから震災が原因と認められる身体・精神・知的障害者計349人(死亡者を含む)を特定。遺児は育英資金の受給者を基に419人と公表した。

インタビューは昨年2~3月、既に結果を公表した実態調査に応じた障害者らのうち、同意が得られた人を対象に約1時間半ずつ聞いた。

記録集に掲載した身体障害者は当時、神戸、西宮、芦屋市在住の男性8人と女性6人(全員現在60歳以上)。遺児も当時3市に住所があった17人(うち保護者10人)。

西宮市内で被災し障害を負った60代女性は、震災8年後に心的外傷後ストレス障害(PTSD)を突然発症したと証言。「一緒に被災した子どもにも出るかもしれないので、言ってはいけないと言われ、隠していた時はつらかった」と話した。

記録集は県のホームページなどで閲覧できる。 (井関 徹)

(2012/08/28 20:04)神戸新聞NEWS


※旧ブログより転載(2014/04/29)

2012/08/22 東日本大震災の震災障害者、日本経済新聞の場合

日本経済新聞の記事によると、震災障害者は67人となっています。
津波に巻き込まれ、身体に障害を負った方のほとんどが重度の認定を受けており、
また津波で薬を流され持病が悪化するなど、津波特有の状況が明らかになってきています。

≪「震災で障害」67人 東北3県、重度が半数 ≫

 東日本大震災のけがなどが原因で身体に障害が残った「震災障害者」が岩手、宮城、福島3県で少なくとも67人に上ることが3県への取材で分かった。震災では多数の死者が出た一方、けが人は少ないとされてきたが、深刻な障害を残す負傷があったことを裏付けるデータとなった。

 3県によると、肢体不自由が33人と最も多かった。重度の1級障害者が31人と半数近くおり、津波で流れてきたがれきや車に挟まれて手足を切断した例が目立つという。

 昨年3月11日~今年8月1日までに3県が新規に身体障害者手帳を交付した人のうち、手帳申請に必要な医師の診断書で震災が原因と判断できる人を抽出。岩手県が8人、宮城県(仙台市除く)が36人、福島県が23人だった。仙台市は調査をしていない。年代別では、60歳未満が14人。高齢者が多く、60代が15人、70代が20人、80代が12人、90代が6人だった。

 直接的な負傷のほか、避難所生活で脳梗塞などを発症し手足にまひが残ったり、津波で薬が流され服用できず肺の持病が悪化、呼吸器障害になったりした例もあった。

 1995年の阪神大震災では震災が原因で障害が残った人が少なくとも328人いたことが兵庫県と神戸市の調査で分かっている。

日本経済新聞 2012/8/22付


※旧ブログより転載(2014/04/29)

阪神大震災ボランティア(復興住宅訪問/震災障害者)