2012/07/28 大震災被災者 障害認定請求手続きを (大阪日日新聞)

 昨年3月11日に発生した東日本大震災から1年6カ月となる9月11日が近づいてきた。震災により障害を負った人の障害認定請求の始まる日と言え、社会保険労務士の井坂武史さん(34)=高槻市=は「障害年金を請求する重要な日になる」と位置付け、被災者らに呼び掛けている。

 大阪府内には、東日本大震災の避難住民1025人(7月5日現在)が親族、知人のもとや公営施設などに移住している。震災によって障害者となった人数は把握できていないが、震災のショックによる精神疾患も障害年金の対象になるという。

 障害年金の請求は、初診日から1年6カ月を経過した日で、障害認定日と定められている。カルテで初診日が確認でき、障害の状態に該当していれば、医師に診断書の作成を依頼し、障害年金の手続きをすることが可能だ。

 しかし、被災者の一部あるいは多くが体育館やテントで治療を受けており、カルテが残っていない可能性もある。カルテが残っていないケースは、物証や証言を集めて客観的に初診日を特定するしかないという。

 井坂さんは「客観的に初診日となる証拠や物証を手に入れ、障害年金の手続きをする必要がある。時間の経過とともに証拠をそろえたり、物証をそろえることが大変になる。一日も早く手続きをすることが必要」と話している。

2012年7月28日 大阪日日新聞


※旧ブログより転載(2014/04/29)

2012/06/25 手紙支援 続々

6月24日の毎日新聞で取り上げていただいたように、全国各地から、たくさんの手紙支援の申し出を頂いています。皆さん、ご協力ありがとうございます。手紙は、いったん私たちがお預かりし、宮城県石巻市と気仙沼市の被災者にお届けします。支援のお申し出については、よろず相談室までご一報ください。


※旧ブログより転載(2014/04/29)

2012/06/24 防災:明日に備える 全国から支援の手紙 被災者に生きる力 (毎日新聞)

≪防災:明日に備える 全国から支援の手紙 被災者に生きる力 /兵庫≫
毎日新聞 2012年06月24日 地方版

 ◇復興への歩みに寄り添う文通
 阪神大震災(95年)の被災者支援を続けるNPO法人「よろず相談室」(神戸市東灘区)に、東日本大震災の被災者へ宛てた手紙が続々と届いている。送り主は北海道から沖縄まで全国約300人。同法人理事長、牧秀一さん(62)が毎日新聞紙上などで「手紙を書いて、遠く離れた被災者を支援しよう」と呼び掛け、応じた人たちだ。すでに10組で文通が始まり、心を通わせている。【内橋寿明】

 「大変な災害を前に、何の力にもなれない自分を本当にはがゆく思う。被災地のご苦労を忘れることなく、心だけでも共に生きてゆきたい」。愛知県の主婦(67)はこう書き出し、「この手紙が、焼け石に水のほんの一滴にでもなれば」と願いを込めた。

 横浜市の年金生活者という1人暮らしの女性は「長年同居していた母が他界してふさぎ込んでいましたが、悲しみは時が解決してくれました」などと自身の経験を記し、自作の絵はがきを同封。「文通が始まったらうれしいです」と結んだ。


※旧ブログより転載(2014/04/29)

阪神大震災ボランティア(復興住宅訪問/震災障害者)