「blog」カテゴリーアーカイブ

感謝

   よろず相談室  牧  秀一

本年12月16日、よろず相談室は法人格を解散するための、清算結了を済ませました。ただ、よろず相談室の活動を停止するのではなく、法人化した2010年以前の状態、ボランティア団体「よろず相談室」に戻りました。若い人たちが、今後残されたよろず相談室の活動(訪問活動・手紙支援・みんなの集い)を引き継いでくれることになりました。

思えば、震災直後、避難所で誕生した「よろず相談室」は人の話を聞くことが出発点でした。仮設住宅・復興住宅への訪問活動を続けながら、識字教室「大空」、手紙支援、震災12年目からの「震災障害者の集い」、みんなの集い、東日本大震災支援と活動は広がりました。

そして、25年が経過した頃、残された活動が、訪問活動・手紙支援・みんなの集いとなり、同時期に、私自身の精神的疲労が限界に達したため、理事長を降り、今回仲間と相談した結果、法人格を解散し、ボランティアよろず相談室に立ち返ることになりました。

阪神淡路大震災から26年間が経過しましたが、この間、私たちは多くの人々からのカンパに支えられ活動を続けることが出来ました。

私は、引き継がれたよろず相談室の活動を少し支えていこうと思います。今後の活動も見守って頂ければ幸いです。本当にありがとうございました。

再度のご支援のお願い_東北の生徒への証言集寄贈

前回の皆様からのご支援のおかげで完成した証言集「希望を握りしめて」は、たくさんの反響をいただいています。本当にありがとうございます。

そんななかですが、皆様に再度のお願いをすることとしました。それは、この証言集を東北地方の300程の中学高校に寄贈したいという企画です。

この証言集は、ボランティアや寄付等のさまざまなご協力で完成しましたが、それでも賄うことができない出版経費は、書籍を販売することによって回収する考えでした。

しかし、出版後、読者から感想をお寄せいただくなかで、この本は、より厳しい状況が心配される東日本大震災の被災地での学校教育に活用してほしいという想いを強くしました。

そこで、東北の教育現場に対しては、販売ではなく、寄贈というかたちをとりたく、そのための資金援助をお願いするものでございます。

詳しくは、以下のサイトをご覧いただければ幸いです。

いつもご支援いただいてばかりで恐縮ですが、もしご賛同いただけましたら、ご協力をよろしくお願いいたします。

■企画のご説明
こちらをクリック
(外部のクラウドファンディングサイト「YELLFUND」に遷移します)

■寄付先

以下のよろず相談室の口座にお振込いただく方法のほか、上掲のクラウドファンディングサイトからもお手続いただけます。

〈ゆうちょ銀行〉

口座番号 01170-9-87984
名義 NPO法人 阪神淡路大震災よろず相談室
通信欄 「証言集寄贈向け」の旨、明記ください

お礼とご報告_証言集完成

 今年の2月にお願いの告知をさせていただいた、阪神の被災者の方たちの証言を集めた書籍がこのほど完成しました。ひとえに多くの方々のご支援のおかげです。ありがとうございました。

 この証言集は、2015年から約5年の間によろず相談室のスタッフが22名の人たちの話を聴く様子を収めたビデオ映像が元になっています。被災の状況だけではなく、被災前、被災後の人生を時間軸に沿って丸ごと話してもらったのです。

 これを一般の方にもご覧いただけるかたちにした映像作品「証言映像」、そしてその内容を書き起こした書籍「希望を握りしめてー阪神淡路大震災から25年を語りあう」 としてまとめました。

 被災した人がどのように生き抜いてきたか、そのことばを、避難生活を送る人達、さらには今後災害に遭う人たちに向けたメッセージとして届けたいと思います。

 映像作品の制作・編集作業は、報道機関の皆様や関西大学の先生と学生の皆様に多大なご支援をいただきました。そして「証言映像」の短縮版は「地方の時代映画祭2020」の優秀賞を授かることができました。

 また、書籍出版のための文字起こしや編集作業は、能美舎の堀江さんが中心となり報道機関等多くの皆様にご協力いただきました。証言集作りのため、本来のお仕事の傍ら誠心誠意、細かい作業を続けてくださった方々に頭が下がる思いです。

  そして、 皆様からの大切な寄付金を、 書籍印刷等の費用の一部に使わせていただきました。

 皆様のおかげで完成した証言集が、教育現場で生かされ、被災者の気持ちを伝えることができれば、これ以上の喜びはありません。これは、証言集づくりに注力してくださった方々の思いでもあります。

 書籍「希望を握りしめてー阪神淡路大震災から25年を語りあう」 は、 「証言映像」の短縮版 DVDを付録として 12月15日に発売されます。

 皆さんの周りに、興味関心を寄せてくださる方がいらっしゃれば、ぜひお声掛けいただき、お求め頂けましたら幸いです。

 皆様のお手元に書籍が届くまで少しのあいだお待ちください。ご協力いただいたすべての方々にあらためて深く感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

             2020年12月11日 牧 秀一