2015/12/13 仲間の集い開催

師走の日曜日、神戸市東灘区のデイサービスセンターをお借りし、震災によって障害を負った方、復興住宅に住む高齢の方など、よろず相談室が関わる皆さんで「仲間の集い」を開きました。チンドン音楽隊「ケセランぱさらん」「ドンチキ(神戸大)」の演奏に合わせて歌ったり踊ったり、大笑いしたり。。。手作りのお弁当と豚汁を戴きながら近況報告など、話も弾みました。
DSC_0729
今回も、普段外出しにくい人同士が交流する機会を持ちたいとの思いから、小学生・大学生・社会人のたくさんのボランティアにご協力いただきました。

2015/9/20~23 福島訪問その2~仮設・復興住宅を訪問

先日のシルバーウィーク、よろず相談室のスタッフ5名で福島県を訪れ、原発事故による帰還困難区域から避難している人たちにお会いしました。

内陸にある大玉村の仮設住宅は、気候の違いや近くに店がないなど、苦労が多かったと聞きました。亡くなる方、転居する方などで今は空き部屋が多く、残っている方は病気を抱えていたり、孤独感を感じていたり…かつての神戸と同じ状況です。

DSC_0385一方、同じく帰還困難区域から避難している人たちが暮らすいわき市では復興住宅での暮らしが始まっています。今回訪れた場所は商店も近く比較的暮らしやすい地区でしたが、すでに入居者の大半が高齢者で、住民同士のコミュニケーションが難しい状況です。また、近隣の地元の方々との交流もなく、「打ち解ける方法が見つからない」という不安の声をききました。

よろず相談室は今後も福島県を訪れ、3・11被災者を支援するいわき連絡協議会みんぷくが取り組んでおられる復興住宅のコミュニティーづくりを支援していきます。

阪神大震災ボランティア(復興住宅訪問/震災障害者)